昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、先生に診てもらうことにしました。
お医者さんに、ひとまず薬を出しますので、塗って経過を観察して下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。
ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、肌には強いので、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少なくしていかなければならないそうです。
ひどいニキビに悩まされているからといって洗顔をやりすぎると、必要な油脂をも洗い落としてしまい、よりニキビがひどくなることもあります。
どんなに多く洗っても洗顔は一日に二回程度にしましょう。
肝心なのは洗顔を十分に泡立てて、直接肌に手を触れさせずに、あくまでも泡だけで顔を洗うこと、顔を洗った後にはすぐ保湿をすることです。
普段から、顔を洗って清潔を心がけていても、ニキビができてしまうということは誰にでも起きることのではないでしょうか。
このニキビの予防法には、洗顔などのケアをして清潔にするのは最低限ですが、栄養をしっかり摂って夜はよく寝るといった体調管理も大事なことでしょう。
ニキビはかなり悩むものです。
ニキビができる時というのは、たいてい思春期になりますから、ものすごく気にしていた人も多かったのではないかと思います。
ニキビはできる前に予防も大事ですが、お薬で改善していくこともできます。
薬局へと行き、薬剤師に聞いてみたりすると、ご自身に合った薬を教えていただけます。
このごろ、重曹がニキビケアに効くと注目されています。
ご存知かもしれませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴の汚れや角質の除去ができ、にきびの改善につながるのではと期待されているのです。
ただ、研磨効果のある重曹が含まれた洗顔料だと肌を傷つける場合もあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。
ニキビは潰しても問題ないのでしょうか。
実は、ニキビは潰してしまっても良い状態のものとそうでない状態のものがあります。
潰して良い状態のニキビは、ニキビの炎症がそろそろ落ち着いてきて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。
この状態になったニキビは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具を使うのであれば、潰してしまっても良いでしょう。
酷い状態のニキビとなると、芯を持ったような感じで固く、触れると痛いといった症状が表れます。
ニキビが出来ると、ついその箇所を確かめたくなって触りたくなることがありますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい長引く原因となるので、ニキビケアのクリームなどでケアをして、清潔に保つようにしてください。
実際、ニキビがおでこにできてしまうと、どうしたって前髪で隠してしまいたくなります。
しかし、そういったことはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、出来れば前髪で隠さずに髪がニキビに触れないようにできるだけ刺激を与えないことが重要です。
ニキビがひどくなって炎症をおこすと、洗顔の時などに少し指で触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。
そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、いくら気になっても絶対に指で触らないでください。
触ってしまうと痛いだけでなく、指から雑菌が入るために、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。
ニキビにヨーグルトは良いものではないとのように言われたり、逆に良いと言われたりとしますが、こういったような情報の真偽というものは明らかではありません。
一つの食品だけにこだわるのではなく、日々栄養バランスの取れた食生活を心がければ、ニキビを予防することへと繋がると思っています。参考:大人ニキビ予防に洗顔@人気のオールインワン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です